ゆーからは国立市と連携し、粗大ごみのリサイクルと放置自転車の再利用に貢献しています。

粗大ごみ・放置自転車

粗大ごみ

国立市の粗大ごみは、市のリサイクルセンターに集積されます。

使えない家具は処分されますが、

中にはまだまだ使うことのできる家具もたくさんあります。

再利用が可能な粗大ごみは、リサイクルセンターで修理・再塗装されます。

 

放置自転車

自転車文化の根強い国立市では、放置自転車も後を絶ちません。

発見された放置自転車は自転車預り所に搬送されますが、

持ち主が現れない場合、

リサイクルセンターでパーツレベルに分解されます。

そして使える部品が集められ、

新しい自転車として生まれ変わります。


▲国立市リサイクルセンター視察時の様子。            

 

           

ゆーからでの販売

こうして再利用が可能になった家具や自転車が、

ゆーからに搬入されてきます。

質が良く、値段も安価なリサイクル家具・自転車はゆーからで人気の商品の一つとなっています。

リサイクル家具・自転車の搬入は毎週木曜日に行っておりますので、

ぜひお立ち寄りください。

またイベントとしてたくさんの家具・自転車を搬入し、

家具即売会を行うこともございます。

店頭でのゆーから通信や、ビラ、ホームページ、SNS等での告知もいたしますので、頻繁にチェックしてみてください。


▲ゆーからでの家具・自転車販売の様子              

参考:国立市リサイクルセンター http://www.city.kunitachi.tokyo.jp/soshiki/Dept05/Div03/Sec01/gyomu/0434/0441/1461060673509.html